Promise Park Project [2014]
MOON Kyungwon +YCAM
"Research Showcase"

リサーチ・ショーケース(2014年)

2013年にムンが発表した「プロミス・パーク」を受けて、YCAMを中心に、未来の公園を考える上での糸口として、文化史・民俗学・芸術史・メディア史・建築史などの多領域から招いたゲスト・リサーチャーと共同でリサーチをおこない、研究成果をリサーチ・ショーケースという展示形式で公開しました。

テキストや資料に加え、調査・研究の成果をVR(バーチャル・リアリティー)などの技術により感覚的に映像資料を体験できるシステムや、これまでYCAM InterLabが研究開発をおこなってきた基礎技術を、デモンストレーションも含めながら紹介しました。

プロミス・パーク・プロジェクト[リサーチ・ショーケース]
  • 会期:2014年11月1日(土)-2015年1月11日(日)
  • 会場:山口情報芸術センター[YCAM]ホワイエ
資料(PDFダウンロード)
リサーチ・ショーケース(2014年)
リサーチ・ショーケース(2014年)

St1.0 ─《庭》の石から公園へ

ゲスト・リサーチャー
原 瑠璃彦Rurihiko Hara
近世文化/東京大学大学院博士後期課程

公園の祖型と考えられる庭園のみならず、自然や都市における様々な場をも視野に入れ、その両者における「石」の存在に注目し、日本古来の「公園的」空間の系譜を探る試みをおこないました。このリサーチの一環で、石と人々の生との関わりに、より微視的にアプローチするため、山口市内における様々な石を現地調査し、「石のアーカイヴ」を作成しました。

石の地勢的な関連性を見出すために、石のある場所から石のある場所へ、映像の中でトリップできるインタラクティブなシステムを公開した。
石の地勢的な関連性を見出すために、石のある場所から石のある場所へ、映像の中でトリップできるインタラクティブなシステムを公開した。
「石のアーカイヴ」の制作風景。山口市にある16箇所の石の置かれた環境を、全方位カメラにより360度から記録していく。
「石のアーカイヴ」の制作風景。山口市にある16箇所の石の置かれた環境を、全方位カメラにより360度から記録していく。
VR技術を用いて、石の置かれた環境に没入できる映像装置も開発した。頭の向きに映像が連動するため、まるでその場所にいるかのような臨場感を味わえる
VR技術を用いて、石の置かれた環境に没入できる映像装置も開発した。頭の向きに映像が連動するため、まるでその場所にいるかのような臨場感を味わえる。

千年村プロジェクト

ゲスト・プロジェクト
千年村運動体Millennium Village Project

早稲田大学の中谷礼仁(建築史)、千葉大学の木下剛(造園・ランドスケープ)、京都工芸繊維大学の清水重敦(都市史・建築史)らによるプロジェクトです。日本国内で、1000年に渡って生産と生活が営まれてきた村の調査をおこなっています。今回は、専門領域がそれぞれ異なる約11名の研究者が山口市の鋳銭司地区でのフィールドワークをおこない、古民家の実測調査や、地勢の調査などをおこないました。

建築史の研究者による古民家調査の様子。この地域の民家の大きな特徴である「ヤダレ」が、半公共的な空間として機能していることがわかった。
建築史の研究者による古民家調査の様子。この地域の民家の大きな特徴である「ヤダレ」が、半公共的な空間として機能していることがわかった。
ドローンによる集落の空撮映像。上空から村の地勢をアーカイヴし、調査分析に使用した。調査中は、東部に取り付ける特殊なカメラにより、それぞれの専門家の視点から調査内容を記録していく。
ドローンによる集落の空撮映像。上空から村の地勢をアーカイヴし、調査分析に使用した。調査中は、東部に取り付ける特殊なカメラにより、それぞれの専門家の視点から調査内容を記録していく。