Promise Park Project [2013]
MOON Kyungwon "PromisePark"
[2-channel video installation]

集合知としての公園

YCAMが2013年に開催した国際グループ展「art and collective intelligence」は、SNSやwiki、Linuxなどに代表される、コンピューターとネットワークの結合によって知のあり方を著しく変革させてきた「集合知」を題材に、今後、芸術表現が、社会・環境・思想・コミュニケーションのあり方とどのように関わり、そしてどのような変革が起こせるのかを考察した展覧会でした。

このグループ展に参加したムンは、この展覧会のコンセプトに基づき、古今東西の都市に共通して存在し、人為と自然が行き交う「公園」と集合知の関係を主題として選び、未来の公園を構想する作品「プロミス・パーク」を発表しました。

art and collective intelligence

  • 会期:2013年7月6日(土)-9月29日(日)
  • 会場:山口情報芸術センター[YCAM]、山口市中心市街地
  • 参加作家:タレク・アトウィ、コンタクト・ゴンゾ、ハックデザイン+リサーチ、平川紀道、ダフィット・リンク、ムン・キョンウォン
プロミス・パーク(2013年)
プロミス・パーク(2013年)

未来の公園とは、どのようなものか?

大規模な破壊的自然災害が起こり、環境が変化した2070年の社会を仮想の舞台に、新たな環境条件下の都市において、公園がどのような姿になりうるのかを、ムンが建築家、景観設計家、植物学者とともに構想をつくり上げ、それに基づき新たな公園の構想を提示する映像インスタレーション作品です。

展示空間では、壁面に投影された巨大映像(4K撮影による実写映像)と、床面に投影された小型映像(CG映像)が、同期しながらリニアに展開しています。実写映像では、未来の人間が持ちうる自然観を実写映像で表現。一方でCGでは、未来の都市空間の地表面には人間は存在せず、高層ビル同士を連結させた空間に新たな公共性が生まれるというビジョンを表現しています。

「プロミス・パーク」の映像の一部(2013年)
「プロミス・パーク」の映像の一部(2013年)